廃車する時の業者の選び方って?

相続した車の扱いを知ろう

相続した車を廃車にするとき

相続した車の扱いを知ろう
人間には財産や資産と呼ばれるものがたくさんあります。
銀行の預金はもちろんのことですが、株券や債権、または住宅や自動車といったものも広義では財産に含まれます。
財産であるがゆえに、住宅や自動車は、その所有者というのを明確にしなければならないのですから。
財産の所有者がなくなったとき、その財産というのは親族に引き継がれていくものです。
預金や株券、債権や住宅はもちろんのこと、自動車も引き継がれていきます。
しかし、他の財産はともかく、自動車というのは非常に好みの分かれるところであります。
持っている限りは、毎年自動車税を支払わなければなりませんし、2年に1度は車検を受けなければなりません。
車庫証明も必要となります。
また、自分の気に入らない車であったとすると、正直いらないという方もいるでしょう。

そういった場合、方法としては2つの方法があります。
その車をそのまま廃車にしてしまうという方法、そしてもう1つは、一度相続をした後廃車にするという方法です。
手間としては前者のほうが楽ではありますが、一度相続をしたいという方もいらっしゃいます。
ではそういう場合、どのような廃車手続きをすればいいのでしょうか。

まずは、相続をするところからはじめなければなりません。
自動車を引き継ぐ場合に必要なものといえば遺産分割協議書、戸籍謄本、印鑑証明書、そして住民票ということになります。
遺産分割協議書は、特に決められたフォーマットはありません。
しかし、死亡した日付、所有者の名前、新所有者の名前、車の登録番号に車台番号、そして関連する相続人全員の住所や実印を必要とします。
戸籍謄本に関しては、前述した関連人物全員が確認できるものを準備しましょう。
印鑑証明に関しては、新所有者のものを準備します。

これで引継ぎ手続きは完了となります。
次は、その車をどうするかということです。
もし廃車にするとなれば、前述の書類をまずは準備します。
そして、廃車に必要となる書類を通常通り準備をします。
車検証などです。
その上で陸運支局を訪れ、廃車手続きを行いましょう。

廃車手続きが終わったら、その車を最終的にどうするかということです。
スクラップにする場合には解体業者のもとへ持っていかないといけません。
自走できれば問題ないのですが、壊れているときなどは、解体業者に引き取りに来てもらう必要があります。
その際に、距離によっても異なりますが10000円ほどかかります。”