廃車する時の業者の選び方って?

廃車の際の解体業者選び

廃車の際の解体業者選びもう車に乗らないという風に決めたら、まずは買取り業者に持ち込んでみましょう。
買取り業者では、極力値段をつけて車を買取ってくれます。
しかし、年式が古かったり走行距離が多かったりすると、なかなか車を買取ってくれません。
また、事故車であって車検も通らないような車の場合には、車を買取ってくれない可能性はかなり高くなります。
そうなると、残された選択肢はそう多くはありません。
その選択肢のひとつが、廃車にするというものです。
廃車にすることによって、車にかかる税金を支払う必要はなくなります。
その車体がもはや必要ないというのであれば、解体業者で手続きをして、スクラップにしてもらわなければなりません。
その業者もいくつか選ぶポイントがあります。

まずは、廃車にした車をきちんとリサイクルをしている業者です。
以前はこのような廃車の処理というのは、非常にずさんなものでした。
エアコンのガスはかつてフロンガスが使われておりましたが、それを適切に処理をせず、そのまま垂れ流しにしてしまったために、オゾン層破壊の一因になってしまいました。
しかし現在では、自動車リサイクル法というのが施行されております。
自動車ユーザーはリサイクル料金を支払い、業者は適切に処理をするように求められているのです。
そういった意識のきわめて高い業者に持っていくことをおすすめします。

次に、解体以外の選択肢を極力考えてくれる業者です。
思い出が詰まった車ですので、それがスクラップにされるのは、ユーザーからしても極力避けたいものです。
最終的に鉄くずになってしまう前に、何とかそれを生かす道はないかという風に、真剣に考えてくれる業者を選びましょう。
可能な限り、リサイクルしてくれる業者を選びましょう。
自動車リサイクル法という法律は前述したとおりですが、リサイクルというのは、あくまでも最終手段です。
出来ることであれば、リサイクルよりももっと環境にやさしい「リユース」をしてくれる業者を選びたいものです。

そして、車を大切に扱ってくれる業者を選びましょう。
こういったスクラップ業者の中には、廃車にした車を野ざらしにしている車も多いものです。
野ざらしにしたままですと、せっかくの使える部品も使えなくなってしまいます。
それももちろんなのですが、愛車が野ざらしになって積み重なっているのを見たときのオーナーの方の気持ちを察すると、迅速にリサイクルをしてあげる業者を選びたいです。”